シェアする

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた

シェアする

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみたtop

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた

前回投稿画面まで辿り着きましたので、いよいよ初歩的な記事の投稿をやってみたいと思います。

「Windows Live Writer」の初期起動の流れ
「Windows Live Writer」の初期起動の流れ 前回「Windows Live Writer」の紹介とインストールまで...

スポンサーリンク

記事投稿画面

こちらが投稿画面。
見た目はWordやExcelですね。馴染みやすそうです。
「記事タイトル」を入力するスペースがものすごく分かりやすいです。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた01

ブログやWordPressの新規投稿画面のように、

・プレビューに近い画面で記事を製作できるモード(WordPressだと「ビジュアルモード」)
・HTMLタグを直接打ち込むモード(WordPressだと「テキストモード」)

の選択ができます。
選択は画面左下のタブで選びます。

「編集」タブでWordPressの「ビジュアルモード」

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた02

「ソース」タブでWordPressの「テキストモード」

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた03

カテゴリの設定

カテゴリの設定は画面やや左上。
「カテゴリの設定」をクリックすれば、これまで登録したカテゴリを表示することができます。
カテゴリの追加や、カテゴリの親子設定もここで行います。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた04

タグの設定

タグの設定は画面に書いてあるとおりカテゴリの設定の隣です。
コンマ区切りで複数のタグを一気に登録できます。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた05

投稿日設定

さらに隣で投稿日設定ができます。
クリックすればカレンダーで表示されるので予約設定がやりやすいです。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた06

記事タイトルと本文、カテゴリ、タグ、投稿日付まで決めたら投稿してみましょう。
投稿は画面左上に分かりやすくでかい「投稿」ボタンがあります。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた07

基本的な投稿はこれでOKでした。
まださわりではありますが、けっこう使いやすいツールなのではないでしょうか。

おまけ設定

おまけの報告として、私はたびたびカテゴリやタグを入力し忘れたりするんですが、
「Windows Live Writer」ではそういった抜けを注意してくれるよう、予め設定しておくことができます。

画面左上の下図の部分をクリック。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた08

メニューがでてくるので、「オプション」を選びます。
うまくスクリーンショットが取れなかったんで直接撮影しました…

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた09

「オプション」の「基本設定」の下図の部分にチェックを入れれば、タイトル・カテゴリ・タグ抜けを注意してくれるようになります。

「Windows Live Writer」で記事を投稿してみた10

以上、「Windows Live Writer」の基本的な投稿でした。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)