シェアする

ソートが出来る表を作ってくれる「TablePress」を使ってみる

シェアする

ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみるTOPソートが出来る表を作ってくれる「TablePress」を使ってみる

他の人が見て見やすいページを心がけようとすると、テキストだけでなく画像を貼り付けたり、表も上手く使いこなしていきたいものであります。

表作りには昔からの方法として、HTMLを打ち込んでいくというのがあります。

手間はかかりますが、表作りに有効な命令文をたくさん知っていれば知っているほど、細かく自分の思い描いた表を作る事が出来ます。

しかしあとから表の行や列の追加、内容を変更するときなど、HTMLで作った表は再編集が大変です。

スポンサーリンク

「TablePress」の特徴

「TablePress」は、HTMLでがっちり打ち込んだ表ほど理想に近い表を作る事はできませんが、手軽に表をつくることができ、あとから表の再編集もしやすいWordPressのプラグインとなってます。

またエクセルで打ち込んだデータを持ち込めるのも強みです。

「TablePress」のインストール方法

ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる01
WordPressのダッシュボードから

プラグイン→新規追加で、検索ボックスに「TablePress」と打ち込んでenter。

画像ではすでに「インストール済み」となって恐縮ですが、まだの場合は「今すぐインストール」となってますのでクリックすればインストールが開始されます。

開始されるとダッシュボードに「TablePress」の項目が追加されます。

さっそく表を作ってみる

ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる02
この記事を作っている時「TablePress」が最新バージョンで英語版のみになってます。

表の新規作成は「Add New Table」です。

「TablePress」新規テーブル作成画面

ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる03
新規テーブル作成画面です。
英語バージョンなので日本語の説明をいれてみました。

画面下の

「Number of Rows:」は表の行数
「Number of Columns:」は表の列数

です。

とりあえずこのまま「Add Table」で次に進みます。

表の中身を記入

ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる04
表の内容を制作するページです。

「Table Content」のところで表の内容を入力していきます。
5列が多すぎたので2列削除しました。こういったことも簡単にできるのが「Table Content」のポイントです。
ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる05
表の中、セルの中身はHTMLの太字命令やリンク文をいれることも可能です。

ショートコードで投稿記事に表を呼び出す

簡易的ではありますが内容を記入し終えたので、「Save Changes」で保存をしたら記事に表を入れていきます。

ここで必要なのは「Shortcode:」の中のショートコードです。
このコードを選択してコピーしておきましょう。
ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる06
「投稿」→「新規追加」で記事を制作。
表を呼び出したいところに、先ほど作って保存した表のショートコードをペースト。
ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる07
さっそくプレビューで見てみましょう。
ソートが出来る表を作ってくれる「tablePress」を使ってみる08
上手く記事に反映されました。
設定でタイトルや表説明文も表示させたり、セルの結合といったことも可能です。

手っ取り早く表が欲しいときなどに便利なプラグインですね。
もちろん設定をいじればさらに使い勝手のいい表にすることも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)