シェアする

Windows Live Writerで表(テーブル)を挿入してみる

シェアする

Windows Live Writerで表を挿入してみるtop

Windows Live Writerで表(テーブル)を挿入してみる

Windows Live Writerで基本的な記事投稿とハイパーリンク、そして画像の挿入がを記事にしました。

過去記事参考

「Windows Live Writer」の初期起動の流れ
「Windows Live Writer」の初期起動の流れ 前回「Windows Live Writer」の紹介とインストールまで...
「Windows Live Writer」でハイパーリンクをしてみる
「Windows Live Writer」でハイパーリンクをしてみる 簡単なテキストオンリーの投稿まではできるようになりました。 今度は文...
Windows Live Writerで記事に画像を挿入してみる
Windows Live Writerで記事に画像を挿入してみる Windows Live Writerで基本的な記事投稿とハイパーリン...
今回はLive Writerで表を挿入していこうと思います。

WordPressだとこれまた先に紹介した「TablePress」など、表制作のプラグインがありますがLive WriterはWordPress意外でも、多数の一般的なブログサービスと連携して機能できますので、使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

さっそく表を呼び出してみよう

Live Writerのメニューから「挿入」をクリックすると「表」ボタンが出現します。
Windows Live Writerで表を挿入してみる00

「表」ボタンをクリックすると「表の挿入」ウインドウが表示されます。
お望みの表の行数と列数を入力しましょう。
行と列は後から追加できるのでここで正確な数字に躍起になる必要はありません。

デフォルトだと「表の罫線を表示する(B):」のチェックが外れていますので、表に縦横線が欲しい場合はチェックを入れて下さい。

今回はこのままの状態で呼び出してみます。
Windows Live Writerで表を挿入してみる01

Windows Live Writerで表を挿入してみる02


無事、表を呼び出す事ができました。

表が一番上に来て、表の上に文字が入れられない! というときは表の左スペース(表が左に寄っているときは左下のカド)あたりを一回クリックしてエンターキーで表の上にスペースができます。
Windows Live Writerで表を挿入してみる03

Live Writerの表を調整していこう

表にカーソルを合わせて右クリックするとメニューが表示されます。
行が足りなかった場合など利用していきましょう。
Windows Live Writerで表を挿入してみる04

表の位置を変更したい場合は、表の左上のセルから右下のセルまでググッと選択して、表全体が青いラインになった状態で「段落」のお好きなボタンをクリックすればOK。
Windows Live Writerで表を挿入してみる05


「段落」のボタンはセル内の文字を個別に位置変更にも利用できます。
Windows Live Writerで表を挿入してみる06

また表の縦線部分はドラッグ&ドロップで幅を視覚的に変更が可能です。
Windows Live Writerで表を挿入してみる07

Live Writerの表をもっと細かく調整していきたい!

過去に表制作ツールを利用していた人だったら気づかれると思いますが、実はいろんな所でかゆいところに手が届いてなかったりします…

例をあげると「セルの結合」や「表の線の色変更」「バックグランドの塗りつぶし」等が無いようです。

不足な部分はLive Writerの画面下、「ソース」タブをクリックしてHTML文を表示し、書き足す方法があります。
Windows Live Writerで表を挿入してみる08

Live Writerの表機能をパワーアップするプラグインもあるらしいのですが、こちらは残念ながら確認する事ができませんでした。

ですのでLive Writer単品だと表作りはシンプルなものに限定されてきます。(HTMLに詳しければ話が変わってきますが)

しかし必要最低限の表は簡単に作れますので、表を利用していなかった方は利用してみてはいかがでしょうか。
表があると無いとではずいぶん記事の見栄えが変わってきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)