シェアする

WordPressで引用テーブルの表示のやり方

シェアする

WordPressで引用テーブルの表示のやり方

 

ネットを見ていて目を惹いた記事を引用する機会もあると思います。
WordPressで引用テーブルの表示のやり方01

 

今回は「この記事は引用ですよ」というのがひと目で分かる装飾をしてみます。

スポンサーリンク

投稿のビジュアルモードで「引用」ボタン

投稿のビジュアルモードで「引用」ボタン
これだけでできたります。
WordPressで引用テーブルの表示のやり方02

 

ただし注意点として、「引用」ボタンはカーソルが来ている行を中心に、次の改行まで全部引用テーブルで囲ってしまうので下のように改行無しで「引用」ボタンを押すと
WordPressで引用テーブルの表示のやり方04

 

以下のようになります。
WordPressで引用テーブルの表示のやり方03

 

テーブルで囲みたくない文は改行しておきましょう。
「右寄せ」などのボタンも同様です。
WordPressで引用テーブルの表示のやり方06

 

テキストモードに切り替えるとこのような表示に。
WordPressで引用テーブルの表示のやり方07

 

早い話が、HTMLタグの<blockquote></blockquote>で囲めば引用テーブルになります。

引用元は「右寄せ」
※HTMLタグ <p style=”text-align: right;”>(ここに文章)</p>
してあげるとより引用っぽさがましてグッドです。

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)