シェアする

ビジュアルモードとテキストモードの違い

シェアする

thumb013
ビジュアルモードとテキストモードの違い
無料ブログなどでも見かけることがありますが、WordPressでも投稿の編集画面で

「ビジュアル」
「テキスト」

の2つの表示モードを切り替えることができます。

スポンサーリンク

「ビジュアルモード」と「テキストモード」比較

「ビジュアル」だと投稿の編集画面がこのような感じに。
ビジュアルモードとテキストモードの違い01

「テキスト」だとこのように。
ビジュアルモードとテキストモードの違い02

「ビジュアル」だと、投稿した状態の画面で編集ができるので、視覚的に変化が分かりやすいですね。
太字やハイパーリンクは文章を選択後、上部のボタンひとつでできるのでシンプルな構成でいくならこのままの方がお手軽で楽ちんです。

「テキスト」だと昔なつかしのHTML文書で表示されますね。
昔のホームページ制作なんかだと、この命令文を文章に打ち込んで文字を大きくさせたり色をつけたりしたものでした。

私などは見慣れた画面なのでずっと「テキスト」表示にしていますが、リアルタイムで変化が見れる点で「ビジュアル」の方がやりやすいんじゃないかな?と思います。

「もくじ」作りや「ページ内ジャンプ」など、ちょっと複雑なテクをページに施す時は「テキスト」表示でHTMLで打ち込むのがよさそうだったんですが、「もくじ」などもプラグインで簡単につくれたりするんですよね。うーむ。

ちなみに「ビジュアル」表示状態の投稿文章にHTMLを打ち込んでも、HTMLの命令は受け付けません。
ビジュアルモードとテキストモードの違い03

ビジュアルモードとテキストモードの違い04

HTMLの説明をサイトに載せたいときなどに逆利用できますね。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)