シェアする

WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる

シェアする

WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる00
導入の流れさえつかめれば分かればすんなり導入できたものの…随分苦戦してしまいました。

その辺りも触れながら紹介していきましょう。

導入できたら非常に便利なプラグインだと思います。
特に私みたいに過去の記事の誤字脱字をひーひー言いながら修正している方とか…

 

スポンサーリンク

「Front-end Editor」とは

WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる01

 

 

上のスクリーンショットでなんとなくお分かりいただけるかと思いますが、「Front-end Editor」はWordPressの管理画面に行かなくても、ログイン状態ならば直接サイト上で文字の修正や装飾、ハイパーリンクの付与などが行えるプラグインです。

またカテゴリの変更、追加なんかもできちゃったりします。これは記事修正が随分快適になりますね。

 

「Front-end Editor」のインストール

いつもの如く「プラグイン」→「新規追加」で「Front-end Editor」を検索かけますが、
ここで注意点として、まったく同じプラグイン名が2つ表示されます。ここが随分手間取ってしまいました。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる02

 

 

結論から先にお伝えしますと、「最終更新日」が2年前になっている方の「Front-end Editor」は、私のWordPress環境では色々手を尽くしましたが上手く動作しませんでした。

「お使いのバージョンのWordPressではテストされていません」とあらかじめ説明がなされていますが、残念です。

私の方では正常に動作しなかったこの「Front-end Editor」の方もかなりよい機能が搭載されていたみたいですし…気長に更新を待つしかありません。

今回私の方で問題なく動作したのは赤線で囲んだ右の「Front-end Editor」です。

「いますぐインストール」したら、恐れず「有効化」します。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる03

 

 

早速自分のサイト上で確認

ログイン状態のままサイトを確認してみると、サイトの一番上に「投稿の編集」が追加されています。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる041

 

 

「投稿の編集」を一回クリックしたらサイト上での文字編集が可能になります。
記事タイトルもこの通り。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる05

 

 

記事を選択範囲でくくると文字装飾のメニューが自動で表示されます。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる06

 

 

管理画面と一緒で、データを書き換えたら忘れず更新を行います。
「更新」ボタンはカーソルをページの下に動かしていくと、ニョキッと現れます。

「更新」ボタンの右隣の「▲」をクリックすると投稿予定日、
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる07

 

 

「更新」ボタンの左隣のフォルダーボタンクリックするとカテゴリの変更ができます。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる08

 

 

カテゴリはよく間違ったりするのでありがたいです。

 

私のサイトで起こったバグ?

サイト上で記事の加筆・修正ができる「Front-end Editor」は末永くお付き合いしていきたい大変ありがたいプラグインですが、

私のところだと「Front-end Editor」を導入時に目次が二重に表示されるようになってしまいました。
WordPressの記事を直接編集出来る「Front-end Editor」を使ってみる09

 

 

バージョンの問題なのか、テーマとの相性なのか。現段階では解決できず、です。

ただしログアウト状態だと目次が元に戻ったので、人がサイトを見る分には問題が無く、なにより便利すぎるプラグインなので他になにか不具合がでない限りはこのまま使用していこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)