シェアする

WordPressを高速化するプラグインまとめ

シェアする

WordPressを高速化するプラグインまとめ
WordPressを高速化するプラグインまとめ

 

サイトは大きく、動作は軽く。

理想はそうなんですけれども、サイトを大きくすると動作はそれに比例して重くなっていくもので、中々頭の痛いところであります。

かといってそこで何も対策を立てずに記事をドンドン増やしていっても、それがどんなに立派なサイトでも、重いというだけで来た人が踵を返す理由は十分だったりします。

このページでは余分な容量、余計な処理を極力削減し、サイトの高速化に努めてくれるプラグイン情報をまとめたページです。

これだけ入れておけば良い。というのものではなく、いくつかのプラグインを利用して少しずつ容量を軽くしていくのがポイントになりそうです。

それぞれリンクから使い方を説明した記事ページに飛べます

 

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizer

画像圧縮で速度UP&容量削減ができる「EWWW Image Optimizer」を使う
画像圧縮で速度UP&容量削減ができる「EWWW Image Optimizer」を使う 前回の記事「サイトのスピードをチェック...
▲ クリックで詳細ページに飛びます

 

サイトで使用している画像を自動で全部圧縮してくれるプラグインです。

設定で圧縮率を強力にできますが、その分画像の劣化が目立ってくるので注意です。

 

Lazy Load

画像の読み込みをスクロールに合わせてくれる「Lazy Load」を組み込んでみる
画像の読み込みをスクロールに合わせてくれる「Lazy Load」を組み込んでみる   画像を沢山使用していると、ちょっとした演出も加...
▲ クリックで詳細ページに飛びます

 

ディスプレイに表示される出番が来たときに画像を表示するようにするプラグインです。

画像の読み込みが後回しになるので、最初にサイトを表示する負担が減ります。

 

Async JS and CSS

CSSとJavascriptを非同期化して高速化する「Async JS and CSS」を使ってみる
CSSとJavascriptを非同期化して高速化す「Async JS and CSS」を使ってみる   サイトの高速化について色々試す機...
▲ クリックで詳細ページに飛びます

 

CSSとJavascriptを非同期化して高速化するプラグインです。
ぐっと専門的な対策になりますが、ウェブページの読み込み時間をチェックしてくれる「Google PageSpeed Insights」が伝えてくる修正ヒントのひとつ
「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているjavascript/cssを排除する」に対応したプラグインです。

 

WP-Optimize

コメントやデータベースの自動整理で徹底効率化!「WP-Optimize」プラグイン
コメントやデータベースの自動整理で徹底効率化!「WP-Optimize」プラグイン     サイト高速化の勉強は続きます。 ...
▲ クリックで詳細ページに飛びます

 

リビジョンやゴミ箱の中のスパムコメントなど、放っておくとドンドン溜まってデータベースの圧迫に繋がる不要な容量を削除・最適化を行うプラグインです。

定期的に自動で最適化を行う機能も付いています。

 

 

まとめ

他のプラグインに比べると、やや専門知識が必要なプラグインの数々です。

今現在サイトが重くなければ無理してインストールすることもなさそうですが、いずれサイトの重さが気になったとき、こういったプラグインもキチンと用意されていることは覚えておいたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)